感謝の声 たくさんの感謝の声の中から抜粋させていただいておろます。

  無料相談できるとうかがってメールをさせていただきました。

 

@ いつも先生のご親切な対応には大変感謝しております。

 

@ 先生のご親切かつ適切なご指導のもと、当日は臨んでは

  みたのですが

@ この様な内容ですがお時間を要していただきましたことを感謝申し上げます

  細かい具体的なお気遣いを大変感謝しています。

  

@ 先生も私の虐待を疑われたかもしれませんが、どうぞ引き続き

  ご支援賜れれば幸いです。

@ この度は大変丁寧かつ有効な内容のメールをいただき、

  まずはお礼いたします。 

@ 絶対に納得がゆかない調停で離婚を成立させるつもりは

  ないとという気持ちから、また少し先生にご相談に乗ってい

  ただきたいと思いメールいたしました。

@ 沢山の質問申し訳ありません。二回目の調停までに可能限りのご解答いただけ

   れば幸いです。

 

@ これまで無料サポートありがとうございました。一番大切な冷静さを無くして

  しまいがちですが、大変助かりました。

@ 妻の態度に変化がすこしですがあります。 

  離婚を考えないわけではないと。 

 

@ 明日の調停では先生の言う通り、調停委員の心証を壊さずただ自分の思いを熱くお話して 

  こようと思います。

@ 気持ちを粘り強く伝えるのがいいでしょうか?最後の

 無料サポートになりました。ご支援頂ければ幸いです

 川上様より離婚は「するか」「しないのか」を先ずきっちりし合う事が大事で、

   OOという条件なら離婚する、しないではないと言ったようなアドバイスをいただきま

   した。まずはそこを全面的に押し出したいと思います。

 

 一貫して復縁する意思がない旨をメールで伝えるのが良いのか?

  定期的に会って話し合うのが良いのか?

  最後にアドバイス頂けますでしょうか。

@ 離婚したあとの起業をめざしている状況から実現に向け日々準備に忙しなくしている

  次第です。

 

 大変参考になりましたが、有効な手立ては得られていない

  といったのが正直なところです。

 

@ 結局金額があえば離婚するとのことです。離婚の言葉を聞くことができました。

@ 別居を解消してからというもの、関係はよくなることもあればわるいときもあって、難し

  いですね。

 こういったことは、川上さまに質問する内容ではないかもしれないのですがよろしくお

  願いします。

 しかしながら、一歩ずつ主人においても子供や私に親切にしたいという努力がみられ

  始めました。

 

@ 夫婦間の関係を良くするように努力を続けていきたいとおもうのです。

 川上さまの、別居解消は慎重にというアドバイスに沿うことなく別居解消した私の責

  任でもあります。 でもどうかお話を聞いていただきたいのです。

 

 調停の結果はご報告させていただきます。

  これからも どうぞ強き見方として相談に乗っていただければ幸いです。

新たな門出の為に頑張ります、大変お世話になりました。

  お礼のご連絡まで。

 

@ 色々と助言やお話を聞いていただきましたこと、ありがとうございました。

  思いやり法を実践してますが、先生のおっしゃるように悪循環にハマってしまうような

  ことも今後もあるかとは思いま ただ、そういうときには一呼吸おいて、うまくやり

  すごせたらいいと思います。

 

@ 川上様からは、今私が取っている行動ついて早く解決できる手段があるのならば教

  えていただきたいです。

 

子供に恵まれたことに感謝をして、思いやり法をこれからも実践して努力していきま

  す。またどうしてもつまずいてしまうときは、そのときは相談に乗ってください。

@ 早速のアドバイスありがとうございました。大変参考になりました。

  私も自身も調停、裁判での離婚は困難である事は理解しております。

  何卒よろしくお願い申し上げます。

 

@ 先生には調停の直前のご相談だったのにもかかわらず、いろいろお気遣いいただいて

   調停の日の前日にご返信をいただきありがとうございま した。

 

この間、夫との人間関係にも少し変化がでてまいりました。

 

@ 離婚解消後、子供もようやく慣れてきて、夫に対して微笑んだりお話したりするように

  なりました。

私も夫という人をきちんと見つめて、あまり減点法でみないようにしています。その後

  は衝突はしておりません。

先生のお話から、なぜこれまで状況が悪化するばかりであったのか…原因がよくわか

  りました。

@ 夫に尋ねたところ、幸せに思っているとのことです

 

同居にあたっては、私としても夫と争うことのないように誓います。

同じことの繰り返しになりたくないので、カウンセリングをしっかり受けたいです。

@ 思いやり法の自分を裏切るということについて

  はじめて触れてみて、考えてみました。

 

@ 関係修復の思いやり法というやりかたがあるのですね。

   その方法に是非とも挑戦したく思います。

 先生が数多くのケースを見られて感じたことを教えてくださいました、復縁は一筋縄

  ではいかないとは思いました。

 

@ それは離婚も楽ではないですが、逃げて楽をするんではなく、気づきがあったのなら

  夫婦で解決していきたいと思うのです。ご丁寧にアドバイスをありがとうございます。

 

@ 川上さま、私の意思により、調停を取り下げるとともに弁護士の方に離婚の依頼を解

  消させていただきました。

@  弁護士の先生も、やり直したいという気持ちに対て大賛成をしてくださいました。

 

 

@ ご返答いただき、とても救われました。お手数ですが、夫婦関係修復のため

  に、お力を貸していただきたく思います。

 

@ 考え方のアドバイスをいただきながら、この2ヶ月の間に考えを整理してよかったと思

  っています。

 

@ 大筋は先生がおっしゃるとおりです。 先生から具体的にアドバイスをいただきたく思

  います。

どんな風にしたら、自分に素直になれるんでしょうか。

  夫にはなかなか正直になれなくて。 

 

子供にも暴力がいつか及ぶのではないかという恐怖です。 こういった場合ですが、

  川上さまのところでカウンセリング受けられますか?

夫が~だから、というように、いつも夫のせいにして、夫は私のせいにして、わかりあえ

  なかったかもしれません。

 

@ 次回の調停までに長男とのやり取りがどれだけ出来るかが進展のカギになると思っておりま

  す。 引き続きご相談に乗っていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。